会社ロゴ

都市緑化の工法を紹介

 カンボー緑化工法の工法記号と開発の経緯

緑化ロゴ
背景画像
Onde a terra acaba e o céu começa

弊社緑化工法の記号は、工法種別と開発年を表しています。

平面緑化工法 一般的な「屋上緑化」。芝生から森林まで含みます。
立面緑化工法 いわゆる「壁面緑化」。緑のカーテンや壁面直接登攀。壁へのポット取り付け。
両用緑化工法 平面でも立面でも対応可能な工法。一部のスナゴケ緑化など。

今後の予定

平面緑化工法

屋上庭園から草屋根やセダムまで、一般的な屋上緑化です。水平方向に寝ていることから「ネコ」とも呼ばれます。

薄層芝緑化(K-TLC06)⇒薄層芝緑化の解説

turf(芝)lamella(薄層)concrete(コンクリート屋根)06年開発

防水加工した屋上に、竹チップ製のBLグリーンマットを設置し、ロール芝を張る工法です。
既知の有効な屋上緑化工法の中では最も軽量とされ、荷重制限のある屋上に適します。

高麗芝(K-TLC06-ZS)
高麗芝型は、高麗芝(Zoysia)の切り芝(sod)を使用するもの。養生期間は必要ですが管理が楽です。省管理とすることで、草原型緑化(草屋根)とすることもできます。

西洋芝(K-TLC06)
西洋芝型はロール芝を使用します。年中青々とした芝生を楽しむことができます。

イワダレソウ(K-TLC06-PH)
イワダレソウ(Phyla)シートによる工法。竣工直後から緑のイワダレソウを楽しむことができます。

イワダレソウ(K-TLC06-PT)
イワダレソウ(Phyla)と芝生(turf)の混植工法。春から秋は花、冬は芝を楽しめます。

薄層芝緑化は軽量のため、花壇・菜園と組み合わせることで既存建築物の全面緑化を可能にします。

折板屋根用薄層芝緑化(K-TLF09-ZS)⇒折板屋根芝緑化の解説

turf(芝)lamella(薄層)folded-plate roof(折板屋根)09年開発

折板屋根用の草屋根で、工場・倉庫などの広大な屋上を緑化可能としました。他の折板屋根用緑化システムと比べ、軽量かつ環境への効果が大きくなっています。
標準工法は高麗芝型です。

傾斜屋根用薄層芝緑化(K-TLS10-ZS)⇒傾斜屋根芝緑化の解説

turf(芝)lamella(薄層)slope roof(傾斜屋根)10年開発

草屋根です。新材料の採用により、従来より値下げしました。
価格の安い高麗芝型と、完成後すぐに楽しめる西洋芝型があります。

複層型緑化駐車場(K-SGP09)⇒複層型緑化駐車場の解説

separated layer(分離された層)green parking(緑化駐車場)09年開発

他の工法(薄層芝緑化地被緑化)の上に駐車場を設置することができます。これにより、工場立地法の緑地設置義務を満たすことができます。
従来の緑化駐車場は、車が芝生等を踏んで痛めるために維持が困難でした。複層型緑化駐車場は、緑化面と駐車面を完全に分離するため、車により植物が傷みません。
屋上だけでなく地上の駐車場にも応用できます。

車を長時間駐車したままにしておくと、日照が遮られ生育不良が起きる危険があります。また、車の老朽化等によりオイルが漏れた場合、植物が枯れる危険性があります。

複層型緑化駐車場のアイデア元

既存の緑化駐車場は芝が傷む。芝を痛めないためには? 植物を痛めずに上に乗るためには?
林冠調査用のキャノピー・ウォークウェイ・システムが応用できるはず!
要するに、植栽面と車の載る面を上下に分離してしまえば良い!

地被緑化(K-SLH09)⇒地被緑化の解説

shrub(灌木)lamella(薄層) hole board(穴あき板)09年開発

BLグリーンマットに穴を開け、植物を植え込みます。BLグリーンマットの下に、薄く軽量土壌を敷き込めば、灌木を植えることもできます。

植物の植え込み数は、1m2に4株または16株となります。

フリースタイル地被緑化(K-GLC10)⇒フリースタイル地被緑化の解説

ground cover plants(地被)lamella(薄層)concrete(コンクリート屋根)10年開発

一般陸屋根用の地被緑化で、植え込む地被植物の種類・数を自由に選択でき、価格も安価です。しかし、非歩行型、つまり緑化面を歩くことはできません。

薄層花壇(K-GLF08)⇒薄層花壇の解説

ground cover plants(地被)lamella(薄層)flower bed(花壇)08年開発

小型植物用の簡易花壇、BL花壇を使用した工法です。
重量は最大でも50kg/m2と軽量で、植物性素材を使用しているため、地球に優しくやっかいな廃棄物は出ません。

BLグリーンマットと同じ竹素材を使用し、BLパウダーの補充により半永久的寿命を持つ工法K-GLF08-B(仮)と、廃木材を使用し初期投資の安価な工法K-GLF08-W(仮)を予定しています。

樹木用(K-FMS10)

ちょこっと芝生(HLE07)⇒ちょこっと芝生の解説

home(家庭用)lawn(芝生)express(急速)07年開発

5分で完成するかんたん芝生。
施工を伴わないため「工法」は付きません。
サイズごとに、K-HLE07-S100(1m2タイプ)〜K-HLE07-S25(0.25m2タイプ)となります。枠のない「ちょこっと芝生ミニ」は、K-HLE07-M100(1m2タイプ)〜K-HLE07-M25(0.25m2です

ページの先頭に戻る


立面緑化工法

いわゆる壁面緑化で、藤棚などパーゴラも含みます。縦方向に立っていることから「タチ」と呼ばれます。

ネット壁面緑化(K-LNW07/08)⇒壁面緑化の解説

liana(つる)net(網)wall(壁面)07/08年開発

壁面にケミカルアンカーを打ち込みネットを固定、地表部分につる植物を植える工法です。
成長に数年の時間はかかりますが、安価・軽量です。

工場で生産した溶接金網を使用し施工性を高めたK-工法K-LNW08と、現場でステンレスワイヤを設置するためサイズの自由度が高いK-工法K-LNW07があり、用途により使い分け・併用します。

直接壁面緑化(K-LDW07)⇒壁面緑化の解説

liana(つる)direct(直接)wall(壁面)07年開発

直接壁面につる植物を貼り付ける工法です。
屋上緑化にも使われる高性能のポリウレア防水を採用し、施工性と耐久性の両立を実現しました。

緑のカーテン(K-VLS08)⇒緑のカーテンの解説

vine(つる)lattice(格子窓)system(装置)08年開発

草本性つる植物や小型木本性つる植物による日除け格子窓。
学校・工場・保育所・病院などの1〜2階(植物によってはそれ以上の高さも可能)を緑のカーテンで覆い、夏の暑さを和らげます。市販のつるものネットを張る場合と比べ、風に強いため安心です。

lianaは木本性つる植物、vineは草本も含むつる植物一般を指します


両用緑化工法

平面・立面の両方に対応可能な工法です。英語で両面仕立てを意味する「reversible」から「リバ」とも呼ばれます。
弊社には完成した工法はありませんが、他社ではスナゴケやミズゴケを使用したものや、ポット苗を固定する工法があります。


標準工法の存在しない、つまり施工ごとにサイズも規格も異なる花壇・菜園・ビオトープには、今のところ工法番号は存在しません。

ページの先頭に戻る


そらのはたけ

そらのはたけ(K-HCA11)⇒そらのはたけの解説

そらのはたけの土(K-HCS11)⇒そらのはたけの土の解説

ウッドデッキ

K型デッキ(K-EDP12)⇒K型デッキの解説


今後の課題

現在検討中の緑化工法及び今後の課題。

新薄層緑化(TLX)

新工法K-T??10-ZS。目標は原価半減。
地被植物タイプは、K-GLC10として完成したが、非歩行型。

保水層付き緑化

保水材の使用により20日程度の無潅水に耐えられる緑化システム。
20日分の水を保持すると、芝生の場合で水だけで100kg/m2、総重量は200〜300kg/m2と重くなるが、旱魃時以外は潅水不要となる。
現在、最適な保水方法を検討中。

低頻度潅水緑化

乾燥と高温多湿に強い多肉植物を植える工法。従来のセダム緑化を代替する。現状、セダムは鳩害や梅雨期の枯れ、雑草の侵入といった問題を抱えるため、あまり良い選択肢とはいえない。

ミズゴケ緑化(SRX)

高い環境改善効果に加え、希少植物の生育場所ともなるミズゴケ湿原を屋上・壁面に作るというもの。弊社初の両用緑化工法[1]となる予定だが、いまだミズゴケの栽培実験中。

[1]両用緑化工法
平面でも立面でも施工可能な工法。英語の「reversible」から「リバ」とも呼ばれます。

セダム緑化

芝ではなく、乾燥と高温多湿に強い植物を植える工法。


緑化工法以外

詳細は順次発表。地球温暖化問題解決の切り札、炭素固定システムの検討も進めています。

竹マルチ(BMX)

BLパウダーの副産物、竹チップを使用したマルチング。地表面保護と防草を兼ねる。表面が芝に覆われていないため、BLパウダー補充による半永久化はできず、寿命は5年程度になる模様。
断熱性が高いため、建築物の断熱材としても期待できる。環境負荷がなく安価な生分解性接着剤の選定が課題。


Onde a terra acaba e o céu começa

「ここに地終わり空始まる」という意味。
これは、ユーラシアの西端、ロカ岬の記念碑に書かれた Onde a terra acaba e o mar começa (ここに地終わり海始まる・16世紀の詩人カモンイスの言葉)に由来。空を目指す屋上緑化をイメージしたもの。

ページの先頭に戻る


防水工事と屋上緑化は、大阪府守口市の(株)カンボーまで

カンボー都市緑化研究所
〒 570-0015 大阪府守口市梶町4-12-5 お問い合わせ

なぜ都市緑化か

緑化を始めよう 平面(屋上)緑化 立体(壁面)緑化 BL

好評販売中

ちょこっと芝生registered trademark

都市緑化Q&A 芝生講座

失敗しないため

お問い合わせ リンク

ここを表示中